ホーム » エアコンを購入する際のポイント

エアコンを購入する際のポイント

エアコンは夏には欠かせない家電ですが、冷えが悪かったり、異音がしたりするなら入れ替えを検討した方が良いです。今のエアコンは高性能で省エネなので、電気料も安くなるかもしれません。そこでエアコンを購入する際のチェックポイントをいくつかご紹介します。

対応範囲を示す畳数

エアコンを設置したい部屋の広さを把握して、その広さに合った物を選びましょう。畳数の目安という表記を見れば、どれ位の広さに対応しているか確認できます。気をつけていただきたいのは、8畳から10畳と2つの数字が表記されている場合です。

これは最大10畳まで対応してはいるのですが、建築素材によっての違いを表しています。例えば、木造なら8畳、鉄筋なら10畳ということになります。木造は密閉率が低いので畳数も低くなるのが特徴です。

省エネ達成率と通年エネルギー消費効率

省エネ達成率が表記されているので分かりやすいと思いますが、ここでも注意が必要です。多くの方がこの達成率だけを見てしまいますが、APFもかなり大切です。

これはエネルギーの消費効率や性能を示す数字で、通年エネルギー消費効率とも呼ばれています。数字が高ければ高い程消費する電力は小さくなり、省エネ度が高くなります。このAPFと省エネ達成率の2つをしっかりチェックするのが大切です。

エアコン工事費を含めたトータル費用

エアコン本体が安くても、工賃が意外に高くなることもあります。そのため、エアコン工事費込みと明示されている物を選ぶと良いでしょう。

高機能が故に多くの数字があり、何を意味しているか難しいですが、それぞれの数字の意味を理解して購入しましょう。

京都と滋賀のエアコン専門店である弊社が扱っているエアコンは、家庭用、業務用共に大手メーカーの最新の物なので、上記のパフォーマンスを表す数値も高いです。また、エアコン工事費まで全て込みの価格となっていますので、これ以上の請求をすることはありません。まずはお気軽にお見積もりをご依頼ください。