ホーム » 業務用エアコンの種類について

引越し時での業務用エアコンの種類について

暑い季節が到来すると扇風機だけでは対処できないので、エアコンに切り替えるという方も多いと思います。特に仕事をしている時は、快適な空間でないと思うように業務を進めることができないのではないでしょうか。こちらでは業務用エアコンの種類についていくつかご紹介いたします。

天井埋め込みカセット形

天井埋め込みカセット形は、町のあらゆるお店で目にする機会があると思います。このタイプは壁から飛び出たエアコンと違い、天井と一体化しているので、あまり目立ちません。また、4方向から吹き出すタイプが基本ですが、全方向から吹き出すタイプも登場しているので、より快適に活用できるのではないでしょうか。

壁掛形

壁掛形は家庭用のエアコンと似た形をしていますが、長時間使用にも耐えられるように設計されており、風量多く、冷房能力も高いのが一般的です。床スペースを必要としない上に、設置を手軽に行うことができます。そのため、小さな事務所や店内に向いています。

床置形

床置形は、天井が高い場合でも足元まで風を送ることができます。また、ほっそりとしているので、スッキリと使用することが可能です。床に設置しているので、掃除も簡単にすることができます。

天吊形

天吊形は、天井に埋め込む必要がないので設置が簡単です。このタイプは、遠くまで風を送ることができるメリットがあるので、細長い空間や広いオフィスなどに役立てることができます。

業務用エアコンを増設、もしくは新しく設置したいのであれば、プロの業者に任せると良いでしょう。プロに任せることで様々なメリットが得られます。

京都にある弊社では、業務用や家庭用エアコンの機器販売、施工、メンテナンスを業務として行っており、業務用エアコンを標準工事付で販売しています。製品はダイキン製をご提供いたします。価格は標準的な工事を加えた設定で、これは大手の家電量販店でも見かける価格設定です。工賃に関する設定がよく分からない方は、お気軽にお問い合わせください。