ホーム » エアコン設置に関する知識

エアコン設置に関する知識

部屋で過ごしている時に快適な温度を保ってくれるエアコン。こちらでは、エアコンの豆知識についていくつかご紹介いたします。チェックしてみてください。

ショートサーキットについて

室外機は適した場所に設置をしないと、ショートサーキットと呼ばれる現象を引き起こす可能性があります。ショートサーキットとは、冷房時に室外機の噴出し口が壁などに遮られることで、排熱ができなくなり、その結果オーバーヒートを起こす状態を指します。オーバーヒートとは過熱を意味する言葉で、冷房機がこの状態になると冷房効率が低下してしまいます。

取り付け後は真空引き作業を必ず実施

取り付け作業を行った後は、真空引きという作業を行う必要があります。真空引きとは、配管パイプと室内機の空気を抜く作業を指します。また電動式ポンプによる作業をしますので確実に真空状態に近づけることができます。(手動式ポンプによる真空引き作業は致しません)この作業をしないと、フロンガス以外の不純物(水分や空気)が冷媒(熱エネルギーを運ぶ物質)に残ってしまいます。この状態でエアコンを運用すると、空気中に存在する水分が凍り、その結果冷媒回路を塞ぎ、冷えないなどの不具合を発生させてしまいます。

ポンプダウン(ガス回収)とは

ポンプダウンとは、配管パイプ及び室内機に存在するガスを全て室外機内へ回収する作業を指します。この作業をしないとガスが漏れてしまい、その結果、冷暖房が効かなくなってしまいます。また、ガスが漏れてしまうことでガス不足に陥り、補充をする必要が生じるので、手間と余分な費用がかかります。

エアコンの豆知識を知ることで、購入後の設置時に役立てることができます。実際に設置をするにあたって、ポンプダウンやエアーパージ、配管工事など、専門的な作業が行われているかどうかを確認することで、エアコンを長く使えるかどうかにつながります。

京都にある弊社では、冷房機器販売や施工、メンテナンスをサービスとして提供しており、冷房機器を標準工事付きで販売しています。商品はダイキンをご用意しており、価格は工事を加えて設定していますので、工賃が不安な方でもご安心いただけます。