ホーム » 設置場所で変わるエアコンの運転効率

設置場所で変わるエアコンの運転効率

エアコン取り付け工事を行い、エアコンを使っているのにも関わらず部屋の温度があまり変わらないと思ったことはありませんか。もしかしたらそれはエアコンの設置場所があまり良くない場所にあることが原因かもしれません。こちらではエアコンの運転効率をより上げるエアコンの設置場所をご紹介いたしますので、エアコン取り付け工事の際はご参考ください。

部屋の短辺

多くのエアコンの風を送ることができる範囲は左右約45度で、特殊な機能が付いていない限り、部屋の真横にまで風を送ることができません。長方形の部屋の場合などはできるだけ風の届かない場所を減らすために、短辺側の壁にエアコン取り付け工事を行うことがおすすめです。短辺側の壁に取り付けエアコンの真横の面積を減らすことで、部屋全体を均一に温度・湿度の調節ができます。

部屋の窓際

窓は外の熱や冷気の影響を常に受けているので、気温が変わりやすい場所です。そのため、窓の近くに室内機を設置することで、窓に伝わった熱や冷気を効率良く循環させることができます。また、窓からの熱は天井に、冷気は床に溜まりやすい性質を持っています。冷房の時にはできるだけ上方向に、暖房の時は下方向に運転させることで、無駄なく効率良く温度を調節ができるのでおすすめです。

風の通り道

エアコンの風が短時間で部屋全体に行き渡ることで、効率良く温度・湿度を調節できます。そのためにはエアコンの風の通り道を妨げないことが大切です。エアコンの真下に大きめの家具などの障害物を置いてしまうと、室内機から出た風をそのまま吸い込み、また風を送ることを繰り返します。この動作を長く繰り返すと、室内機の周りだけしか空気が循環されないのでエアコンの運転効率が下がってしまいます。最悪の場合は故障してしまう可能性もあるので、できるだけ家具や家電などで風の通り道を遮らないようにしましょう。

弊社は京都府・滋賀県を中心にエアコン取り付け・取り外工事を行っているエアコン工事業者です。一般的な引越しなどに伴う家庭用エアコンの移設はもちろんのこと、オフィス移転などの業務用エアコンの移設も承っております。エアコン取り付け・取り外しの費用料金に関するご相談ございましたら、お気軽にお問い合わせください。弊社で運転効率の良い場所で設置して、より快適にエアコンを使ってみませんか。