ホーム » 家庭でできるエアコンのお手入れ方法

家庭でできるエアコンのお手入れ方法

夏場や冬場になると、エアコンを使用する機会も増えると思います。しかし、エアコンの清掃を行わずにエアコンを使用してしまうと、内部のホコリやカビを撒き散らすことになりかねません。エアコンの清掃を行うことは綺麗になるだけでなく、エアコンをより長持ちさせることにも繋がります。

フィルターの掃除方法

まず、フィルターを外す前にホコリを掃除機で吸っておくのがおすすめです。フィルターを外す前にホコリを取っておくことで、外した際にホコリが降ってくるのを防ぐことができます。ホコリをある程度吸い取ったらフィルターを外しますが、フィルターを外す際はゆっくり丁寧に外しましょう。
フィルターはプラスチック樹脂でできているので、あまり力を加えると変形・破損の原因になります。フィルターを外した後に再度掃除機でホコリを吸いますが、内側からではなく外側から吸うようにしましょう。内側から吸ってしまうとホコリがフィルターに目詰まりしてしまいます。
また、掃除機だけでは完全にホコリを吸い取ることはできないので、月に一度はお風呂場などで水洗いするのがおすすめです。水洗いの場合は、掃除機の場合とは逆に内側からシャワーをあてるようにしましょう。また、洗剤を使う場合は、中性洗剤を薄めたものと柔らかいブラシを使えば、フィルターを傷めずに洗えます。

吹き出し口の掃除方法

吹き出し口が汚れていると汚れた空気が部屋に送られることになるので、できる範囲で綺麗にするのがおすすめです。吹き出し口の内部を掃除する場合は、必ずコンセントを外してから行うようにしましょう。
まず、吹き出し口のルーバーを手動で回しておきますが、動かない場合は無理に作業をしないようにしてください。ルーバーを回し終えたら、タオルに中性洗剤を薄めたものを指や定規などに巻き付け拭き上げます。拭き上げが終わったら、コンセントを差して送風運転をして終了になります。
この時汚れが残っているのが見えても、運転中はエアコンに触れないようにしてください。中のファンに指が巻き込まれる危険性があります。

弊社は京都府・滋賀県を中心に配管工事などのエアコン工事やダイキン製の家庭用・業務用エアコンの販売、メンテナンスを行っております。弊社でエアコンをお買い上げの際は、こまめに掃除するのがおすすめです。こまめに掃除することでより長持ちさせることが可能です。
また、弊社以外でご購入されたエアコンの入れ替えや取り付けのみにも対応しておりますので、エアコンの価格工賃に関するご相談ございましたら、お気軽にお問い合わせください。